東寺のアクセス!地下鉄 九条駅から徒歩・バスの行き方【地図・画像】

Advertisements


=====================================================

東寺アクセス!地下鉄 九条駅から徒歩・バス行き方【地図・画像】

東西に伸びる九条通大宮通が交差するところに位置する「東寺」は、世界遺産にも登録されている平安時代に建立されたお寺で、教王護国寺」とも称されています。

東寺の「五重塔」は、54.8mと日本一の高さの木造の塔として有名ですね。

Advertisements

東寺への地下鉄「九条駅」からのアクセス【バス(市バス・京阪バス)・タクシー・徒歩】

地下鉄 九条駅から東寺へは、

・地下鉄 九条駅 ⇒ 徒歩15~17分

・地下鉄 九条駅(大石橋 バス停留所) ⇒ 市バス(16・19系統・71・78系統・202・207・208系統)

「東寺南門前 or 東寺東門前 or 九条大宮」乗車時間5~8分 ⇒ 各停留所から徒歩すぐ

【市バス 時刻表】

 ●大石橋 バス停…南区総合庁舎 行き【16系統】時刻表

 ●大石橋 バス停…中書島・横大路車庫 行き【19系統】時刻表

 ●大石橋 バス停…四条大宮・松尾橋 行き【71系統】時刻表

 ●大石橋 バス停…久世工業団地 行き【78系統】時刻表

 ●大石橋 バス停…西大路駅・円町 行き【202系統】時刻表

 ●大石橋 バス停…東寺・四条大宮 行き【207系統】時刻表

 ●大石橋 バス停…西大路駅・梅小路公園 行き【208系統】時刻表

・地下鉄 九条駅(九条駅前 バス停留所) ⇒ 京阪バス(26系統)

「東寺南門前」乗車時間3~4分 ⇒ 下車徒歩すぐ

【京阪バス 時刻表】

 ●九条駅前 バス停…京阪淀駅行【26系統】時刻表

 【九条駅 バス停流所】

 【東寺 バス停流所】

・地下鉄 九条駅 ⇒ タクシー3~5分

など、市バス・京阪バス、タクシー・徒歩などのアクセスがあります!

おすすめの行き方は、バス、もしくは徒歩ですが、

バスを用いる場合は、京阪バスも利用できますが、1日の発車本数が2回程度とあまりにも少ない為、

系統・発車本数の多い「市バス」を用いて行く方が良いでしょう。

市バスと京阪バスの時刻表は、上記【市バス 時刻表】【京阪バス 時刻表】をご覧ください!

足腰が丈夫なあなたなら、歩いても遠い距離でもなく、ほぼ直線で東寺まで行けるので、京都の街並みを楽しみながら行く方が趣きがあるでしょう!

ここからは、地下鉄 九条駅から徒歩での行き方を、地図や画像で分かりやすくご案内していきますね!

京都の四条・阪急線からお越しの際には、地下鉄を利用したこのアクセスが簡単でオススメです。

JR「京都駅」から東寺へのアクセスは、下のリンクのページにてご覧いただけます!

車でお出かけになる場合は、こちらの東寺の駐車場 一覧をご覧くださいね!!

東寺(京都)地下鉄九条駅からのアクセス・行き方【地図・画像案内】

京都市営地下鉄「九条駅」は、河原町のある四条方面から東寺へお越しの際には便利なルートです。

駅を出たら、まっすぐ進むだけなので、わかりやすいルートですよ。

東寺地下鉄「九条駅」からの所要時間ルートマップ(地図)

京都市営地下鉄の「九条駅」から東寺(教王護国寺)への行き方をご紹介します。

徒歩で16分ほどのルートになりますが、駅を出られるとまっすぐに進むだけですので、分かりやすい行き方になっています。

四条河原町方面などから来られる際には、こちらの行き方がオススメですね。

東寺(教王護国寺)への「九条駅」からのアクセス・行き方(画像案内)

1※京都市営地下鉄「九条駅」の改札は一つだけです。

2※改札出られたら左側にある2番出口から地上に向かいます。

3.2番出口を出られると、南側(向かって後ろ側)に大きな交差点があります。

この大きな交差点「九条烏丸」

目印としてサクラテラスというホテルと、ジョーシンという家電量販店があります。

3サクラテラス右手に、ジョーシン左手に見ながら九条通(府道143号線)西に歩いていきます。

4九条通(府道143号線)しばらく歩くと「九条油小路」という交差点があります。

ここは歩道橋を利用して道路を横断してください。

その先に高架の線路が見えてきます。

5※近鉄「東寺駅」です。残りあと半分くらいになりました!

6しばらく進むと「フレスポ」というスーパーがあります。

あと少しで、東寺五重塔が見えてきます。

7※東寺(教王護国寺)に到着です!

8※入口は道路を渡ってまっすぐ進むと南大門がありますので、そちらが一番近くの入り口となります。

 

徒歩での到着、どうもお疲れ様でした。

古の文化や、五重塔の大きさを体感しながら、東寺を存分にお楽しみください!

続きページ|関連ページ

テキストのコピーはできません。